top of page

天候に左右される身体に悩む人が通う、市川大野の整骨院、こざと整骨院


こざと整骨院 松丸です。


雨の日や、台風接近に伴い

体調不良を訴える方が増えています。




体質?遺伝?


少し前にネットニュースで

整形外科の先生が「気温気圧による体調不良の原因は首の骨が原因」と特集して世間をにぎわせましたね。





番組の中でお医者さん曰く

「ストレートネックや、さらに進行した逆カーブ頸椎変形、背骨の中を通ている神経の伝達が悪くなり、気温気圧の変化に対応できない」との事でした。


背骨の中の神経 脊椎神経 自律神経


地球上で生活している以上

気温気圧の変化には常に老若男女問わず、常にさらされています。

むしろ、その変化に対応できる性能が我々には備わっています(ホメオスタシス)


その対応する力こそ大きく区分すると「自律神経」に由来します。


呼吸や心臓の動き、消化吸収などが有名ですね。



その他自律神経は全身に張り巡らされています。


内臓の消化吸収、呼吸、心臓脈管系、免疫、怪我の修復、姿勢

自律している神経。

自分の意識とは関係なく勝手に、自動的に働いてくれている機能です。


その生きるために必要な「自律神経」コチラに影響が出ると


病名はつかないが、体調不良に悩まされることになり

数年後に病名が付くくらい悪化するなんて、良くある話です。


例えば

最初は「肩の違和感」

数年後「肩こり」

数年後「強い肩こり」「肩、首、背中に痛み」

数年後「頭痛、吐き気、めまい」


などと、症状が強くなるか症状が増えていった経験ありませんか?




基本的に骨のゆがみや変形は数年かけて進行していきます。


ゆがみが強くなれば中に通っている神経の流れは更に悪くなり

昔は平気だった気温気圧に体調が左右され出したり


上記の事になりかねないとおもいませんか?



気温気圧に弱い


体質?遺伝?


貴方はどう思いますか?

Commentaires


bottom of page