top of page

子供の起立性調節障害⑥

更新日:2022年11月15日

起立性調節障害、つまり自律神経の伝達異常がある


大人になってからの影響も大きい

むしろ、症状が進行する恐れもあります。

最初は朝辛い、起きれない

頭痛、吐き気、消化不良 その他の自律神経症状

段々増えていく

義務教育終了後

面接、就職、通勤、労働、、、、


人生は まだまだ 続きます

むしろ 学生時代より、その後の方が長い

これらの自律神経由来の症状を放置しておくと

そのまま、働きたくても、働けずに家で何年も

そのまま、鬱病になってしまう事も、珍しくありません。

肉体と精神は裏表

起立性調節障害 その他、体調不良

単純に、具合が悪い状態が常にあると

楽しい事してても、楽しくない

どこにも出かけたくない

常に体調に異常があるのでイライラする

体調からくる思考、行動

気分が悪いのに


「良し、みんなでキャンプだ!」

「どこか遊びに、ショピング!」

とかなりませんよね?

なので、人生の土台は「健康」なんです。

健康な状態で、色々体験、経験して

人としての厚み、魅力に繋がる。

肉体的にも、精神的にも 健康でないと人生の楽しさ半減!

なので、姿勢の歪み、起立性調節障害の改善

これらを取り組むのは、今後の人生を取り戻す


まさに 「人生」 レベルの分岐点

非常に重要な事なんです。

周りにいる、歳をとっても元気で楽しそうな年配の方

シャキッと姿勢が良いと思いませんか?

将来的に

その元気な、おじいちゃん おばあちゃんに

自分がなれる 未来、ビジョンは目に浮かびますか?


/////////////////////////////////////////////////////

•病院で原因不明でどこに行けばいいかわからない、年々体調不良が悪化しているなど、本当にお悩みの方

本当の健康を取り戻しませんか!?この出会いが、あなたの人生が変わるきっかけとなる。

地域名×M式テクニックで検索ください!

各地域で腕を磨いてお待ちしています。

コメント


bottom of page