top of page

松丸知生 自己紹介

更新日:2022年12月3日



こんにちは、こざと整骨院の松丸と申します。


1987年、産まれも育ちも、地元市川市です。


学校卒業後に何か仕事に就くに際して


自分は何をしたいのか?

実は、しばらく迷走していた時期があります。


最初は特にやりたいことも無かったので

雑な動機ですが、とりあえず公務員になろうと勉強をして


一次筆記試験 合格。


二次試験は面接でした


今思えば、こんな軽い動機で受かるはずもなく


不合格でした。


学校卒業後に仕事していないのは嫌だったので


何か職に就こうと、目についた求人票で「小売業店」に就職しました。


最初は良かったものの


勤務形態が、夜勤務に環境が変わり

体調を崩し 退職。


色々しんどく、投げやりになっていました。


ある時、転々と仕事変わったり、働かなくなったりなど


今後の事を考えると漠然と恐怖を感じ


「このままだと色々と不味い」


そこで、ようやく自分と向き合い


「自分は何がしたい」

「どんな仕事をしたいのか?」


親族の関係で

介護施設、介護タクシーや整体に触れる機会があり

医療系に興味を持ち始め


~整骨院で働いたい~


人生の分岐点、一念発起して再度勉強、医学の道へ


夜は働きながら


昼は、両国の医療専門学校にて医療を3年間学び


国家資格の柔道整復師を取得しました。


最初は同級生の紹介で

船橋の接骨院にて働かせていただきましたが


仕事始めて、4年目で役職に就く予定が

その年に、院長先生体調不良にて 突然の閉院



スタッフ全員それぞれの道に進みます。



その後

ハローワークやリクルートサイトなどで再就職活動


そんな中、面接を受けさせていただいた院より電話連絡がありました



「うちの院では、新し人決まっちゃったから、一緒には働けないけど」

「話したら君、良い子みたいだからもったいない」

「僕の知り合いの院の先生がスタッフ探していて君を紹介したいんだけど、どうかな?」



何か縁を感じ、橋渡しをお願いしました。



※ちなみに、こちらの院の先生との縁も続いておりまして

新年会、暑気払い、忘年会など年に数度

今でもご一緒させていただいております。



そして後日、こざと整骨院と運命的な出会いを果たします。





面接当日


今でも忘れません


「初めまして、松丸と申します」



「こんにちは院長の中川です」

「じゃあまずコチラに立って力抜いて腕出して」



まさかの出会って10秒後に治療開始(笑)



この院やべー!何事か!? と思いましたが、お陰様で緊張がほぐれました


当時は「患部をなるべく触らない、ソフトで即効性のある遠隔療法」がメインでした


その不思議な技術

足を触って腰痛が軽減したり

指を触って首の可動域が増えたり


昔は、指圧系の院にいたので、衝撃的でもあり


ぜひ働かせていただきたいと、思いました。




整骨院業務とは資格を取って、お終いではありません


むしろ、資格を取って働き出してから、ようやく治療家としてスタートしたといえます


常に勉強、新しい知識、技術、理論など常にグレードアップしていきます。



そんな中、こざと整骨院は新たなステージへ進みます。


治療を卒業して予防の時代へ



健康、不健康、体調不良自分では分からないものです


なぜなら僕がそうでしたから


当時は土日は家でグッタリして回復させる休日です。



日曜日にどこかに遊びに行くなんて、

月曜日しんどくなるので

楽しいけど「苦痛」になります。


本音はできればじっとしていたい。



でも不健康でも体が弱いとも思っていません

「慢性肩こり、寝つきが悪い、暴飲暴食すると便秘切れ痔」

になる事があるくらいでした。



今ならどう見ても「健康的」では無いと思います。



しかし月火水木金と仕事を支障なく出来るし、

どこも痛くないし元気であり


当時は自分の事「健康」と信じていました。



この仕事をしていると

僕に似た「状態」の患者さん、大勢来院されます。



客観的に見れると、痛いとか微々たる問題でして


本質的には「不健康」からくる何かしらの症状。



今なら凄いわかりますが、本人はわかってないんです。


しかし、わからないのは当然です。



その状態が長ければ長いほど、

本人にとって当たり前にある不調なので

体質、年齢的な物だと認識するようになってきます。



もどかしく思っていました。



例えば

怪我の痛みは改善しますが

慢性腰痛は良くならない


3ヶ月後に再発して来院など良くある話です。


年齢?体質?

そんな訳無い、、、、と


でも繰り返す、そこは改善しないんです。


何故そこに力になれないのか?そもそもなんで繰り返すのか?



モヤモヤしながら治療家生活は続きます。



その際、解剖学的アプローチ

〇〇施術、生理学的アプローチ、運動学など


成果は出るが、根本的に改善していない。



そもそも根本ってなんだろう?



世田谷整骨院にて出会った


最新最先端の技術理論


何故体調不良が良くならないかの根本原因


そこに、たどり着きました。



こざと整骨院に就職してから今に至るまで


毎週の金曜日朝と火曜日夜に技術向上の為の勉強会を継続し


技術的にも想いも常に研鑽し、七年の月日が経過しました。



技術の向上とともに

僕のような原因不明の体調不良、繰り返す慢性症状


昔と比べて、力になれず、苦しんでいる方々が減ってきました


自分で自分を回復させることが出来る体を取り戻す。




今なら絶対に力になれます!


何故なら、僕が治療を受けて良くなったからです。


良くなったんです!



土日は家でグッタリしていた人間が


今では毎週日曜日に仲間で集まって、楽しく畑で汗を流したり


コスプレして野山を走り回り、サバイバルゲームに参加したり出来るようになりました。




健康とは


「どこも痛くない、痛くならない」


ではありません。


人間生きていれば、たまには具合悪くなったり、どこか痛くなったりすると思います


でも、質の良い睡眠をとって休息できれば、2~3日後には自然回復。寝れば治る。


人生色々あります

天気も晴れの日も雨の日も

ずーと雨だと困る

でも止まない雨は無い


体調不良もそうです、一時的にどこか痛くてもいいんです。


寝れば治る、自分で自分の悪いところが治せる力が正しく発揮される


その状態が健康と考えています。



今、「健康ですか?」と聞かれたら、貴方はなんと答えるでしょうか?


僕は、人の可能性を僕は信じています!






Opmerkingen


bottom of page