top of page

頸についての考察

こざと整骨院 松丸です。


例題・ストレートネック




「頸椎の自然なカーブが失われ、頸椎が直線状になる状態を指します」


主な原因として一般的に下記の要素が挙げられます






姿勢の問題:

長時間の不適切な姿勢(例: 前かがみの姿勢や頭部を前に突き出す姿勢)やデスクワークなど、姿勢の悪い状態が継続することで、頸椎のカーブが変化しストレートネックが引き起こされることがあります。


筋肉の問題:

頚部の筋肉がバランスを欠いた状態になることがあります。例えば、首や背中の筋肉が弱くなり、前方に引っ張られることで頸椎が直線化することがあります。


外傷や事故:

頸部に外傷を受けたり、交通事故などの衝撃を受けた場合、頸椎のカーブが変化することがあります。


疾患や病態:

頸椎の病気や炎症、変性疾患などがストレートネックの原因となる場合もあります。


一般的な対処方法



姿勢の改善:

正しい姿勢を保つことが重要です。デスクワークなどで長時間同じ姿勢を続ける場合は、適度な休憩や姿勢の変更を行いましょう。姿勢矯正のためのエクササイズやストレッチも効果的です。


筋力トレーニング:

頚部の筋肉を強化し、バランスを整えることでストレートネックの改善が図れます。特に首や背中の筋肉の強化を目指すことが重要です。


物理療法:

頚部の筋肉をほぐすためにマッサージや電気療法、温熱療法などの物理療法が行われることがあります。


医薬品の使用:

痛みや炎症の緩和のため、医師によって痛み止めや抗炎症薬が処方されることがあります。



必要に応じた補助具の使用: 頚椎をサポートするために、ネックカラーやサポート具の使用が適切な場合があります。ただし、長期間の使用は筋力低下を招く可能性があるため、適切な指導のもとで使用する必要があります。


なぜ「ストレートネック」が体に悪いかと言うと



そもそも背骨は体重を支えるため

S字湾曲、綺麗なカーブを描いています。

その背骨の中に「脊椎神経」と言って

親指くらい太い神経がトンネルの中を通る様に骨を貫いています。

更に背骨の隙間から細い神経が枝分かれして全身の

「筋肉」「骨」「内臓」「内分泌器官(ホルモン)」に細かく張り巡っています



姿勢がゆがんでいる(ストレートネック)

背骨の中を通る神経圧迫されて、全身に悪影響が出ます。


特に重要なのは睡眠への悪影響。



身体の回復は「睡眠時」

正しく質の良い睡眠がとれていると「回復」します。


人間は誰でも

寝ている間に「自分で自分を治す回復する力」か最初から備わっています。

背骨がゆがんでいると、そもそも回復しない身体、つまり体調不良、不健康な状態になると考えられます。

Opmerkingen


bottom of page