top of page

ストレートネックで悩む人が通う市川市、市川大野の整骨院その②

更新日:2023年4月24日

こんにちは

武蔵野線 市川大野駅 徒歩10分 

千葉県 市川市 唯一の根本施術M式テクニック

こざと整骨院 松丸です。


ストレートネックの悪影響










前回は「筋肉的」な話



今回は「神経」の悪影響のお話しです。


前回もお話ししましたが。


背骨は体重を支えるため

S字湾曲、綺麗なカーブを描いています。



その背骨の中に「脊椎神経」と言って

親指くらい太い神経がトンネルの中を通る様に骨を貫いています。


更に背骨の隙間から細い神経が枝分かれして全身の

「筋肉」「骨」「内臓」「内分泌器官(ホルモン)」に細かく張り巡っています


例えるなら「血管」や「リンパ管」と同じ感じで全身に管が通っています。




ストレートネックのような背骨のゆがみがあると


中の神経が「水の出ているホースを軽く踏んでいる」感じになり。


完全に遮断されず少し神経の流れ、伝達が悪くなります。



自律神経は体の「治る機能」


つまり、「回復する力」

「自然治癒力」をつかさどっています。


何か怪我しても風邪ひいても、基本的に何もしないでも 2~3日で通常は治ります。



しかし

姿勢がゆがんでいる(ストレートネック)

背骨の中を通る神経圧迫されて、全身に悪影響が出る。



例・


①最初は肩首に違和感


②数年後、軽い肩こり


③更に数年後、重い肩こり、頭痛


④更に数年後 それらが悪化又は場所が増える




実はストレートネックが進行すると

首が逆S字に反ったり、ゆがみすぎて骨同士がくっついてしまったりと


ゆがみは何もしないと、基本的に進行していきます。


いきなりストレートネックにはならない

いきなり④にはならない


最初は①からスタート

思い当たる方は要注意です。



更に、身体の回復は「睡眠時」

正しく質の良い睡眠がとれていると


人間は誰でも

寝ている間に「自分で自分を治す回復する力」か最初から備わっています。



この事を「自然治癒力」と言います。


そして背骨の中の神経(自律神経)は睡眠に密接に関係しています。


自律神経

・交感神経

・副交感神経


正しくそれらが働かないと


眠くならない

途中起きる(尿意などで)

朝が辛い

寝てももっと眠りたい


など睡眠の質が低下します

低下すると、「自然治癒力」も低下するので


寝ている間に回復しない身体になり


その状態が長く継続すると


体調不良から始まり

違和感、コリ

痛み

慢性疾患

病気


など結果的に「不健康」な状態になってしまう。



つまり


背骨のゆがみ(ストレートネック)

神経伝達異常

回復しない身体

疲労蓄積

何かしらの体調不良

(痛み、怪我、慢性、病気など)


このように

筋肉的にも神経的にも ストレートネックは

身体全身に悪影響を及ぼす、更にそれらが時間の経過と共に進行していく。



ただ単に

「ストレートネックだから肩こりやすいんだよね~」


ではありません。



実は体の中で起きている事はそんな軽いレベルの話ではなく



痛みや体調不良と付き合っていく人生を送るか


痛みや症状に振り回されずに

健康的でいられるか、今後を左右する重要な事です。


ストレートネックで悩む人が通う市川市、南大野の整骨院

こざと整骨院 M式テクニックで検索です!

コメント


bottom of page