top of page

睡眠で悩む人が通う市川市、市川大野の整骨院その③

更新日:2023年4月24日

睡眠の重要性











睡眠の質が悪い状態が長く継続すると結果的に


疲れが取れない

体調不良

病気

命の危険


と悪化していきます。

なぜなら①②で説明したように


質の良い睡眠が、体の健康状態を保つ、回復させる「基本的条件」


コチラが乱れていると

慢性腰痛、肩こり、下痢、便秘、頭痛、膝痛

症状場所は関係なく、単純に体が 回復してくれない


だから長年 慢性的に痛い、繰り返す

病気では無いけど、体調不良。


それらの原因が「睡眠の質の乱れ」



睡眠が乱れているのに


運動しても、ただ疲れるだけ

栄養の高いものやサプリ飲んでも、上手く吸収されずに、ただ排出されるだけ。


もったいないですね。


子供のころなど、質の良い睡眠、ぐっすり眠って、朝スッキリ爽快



では「なぜ質の良い睡眠がとれなくなってきているか?」



①②を読んだ方は察しがつくと思いますが


睡眠の質の乱れ原因は

「自律神経」の働きが悪くなっているからです


では本題です!


不眠の原因の一つ


なぜ「自律神経の働きが悪くなってしまったか」




答えは「姿勢のゆがみ」「背骨のゆがみ」


姿勢がゆがんでいると、背骨の中を通ている「自律神経」

コチラが圧迫されます。


例えるなら「水の出ているホースを軽く踏んだ感じ」です。


神経伝達の流れている神経そのものが物理的に圧迫、狭くなると


正しい神経伝達が脳から全身にいきずらくなります


自律神経は


骨格

筋肉

関節

内臓

ホルモン

脈管系

呼吸器系

ホルモン放出


全身に影響を及ぼし

コントロールしています


なので


筋肉量が多くても、内臓強くても

脳からの命令が上手くいかなければ


「力が入りずらい」「筋肉が固い」

「関節が固い」「ホルモン分泌異常」「血圧」

「慢性疼痛」「頭痛」「腰痛」「頸部痛」「肩こり」


どう生活しているかによって

とこが痛いか、悪いかは人それぞれですが


何かしら、体調不良

大体 始まりは


「なぜか最近疲れやすい」

「筋肉、関節硬くなってきた」


数年後

「腰、肩、などに違和感がある」

「年かな?仕事しすぎたかな?運動不足かな?」


数年後

「痛み」「腰痛」「肩こり治らない」などなど体調不良


数年後

「通院」「色々院を変えて、その時は軽くなるけどまたぶり返す」

「慢性的な症状が継続」


と悪化したり、症状や悩みが増えていくのがほとんどです。


睡眠で悩む人が通う市川市、南大野の整骨院

こざと整骨院 M式テクニックで検索です!

Comments


bottom of page